初めの一歩って意外とかんたんでしたよ。

自分でつけるまつげエクステは
私ひらおがお店で使っているグルー
またはネットで売られているグルー
どちらも似たような成分で出来ているのですが
そのグルーで
目にトラブルが起きたことがきっかけで

でもなんとかしてエクステをつけたくて
まつげにも肌にも優しいグルーを
探し出し

7年3ヶ月前から
まつげエクステをつけ続けています。

約3年間つけ続けていた頃に
なんで?セルフエクステ流行っていないんだろう?と
思ったんですね。

今思えばエクステをつけている女性が
圧倒的に少なかったので
当然といえば当然だったなと思うのですが

当時はそんな風に思っていたんです。

そのことを友人にぽろりとつぶやいたところ

「あなたがやればいいじゃない」と
言われて

「そうだよね」と
その友人に手伝ってもらいながら
すぐにホームページを作り
リーフレットをつくり
部屋を六本木に借りたんですね。

そうなんです。

「初めの一歩」をあまり深く考えずに
踏み出してしまったんです。

一歩踏み出してから
そのときになって初めて
ものすごい恐怖がやってきました・・

「どうしよう!!
私に出来るのだろうか?
やばい!
だれか一緒にやってくれる人いないかな!!」

でももう一歩踏み出しているので
引き下がれなくなっていました。
ひっこみがつかないんです。

「やめる」という選択はなかったんですね。

前に進むしかなかったんです。

けれども
意外と早くご予約が入ったこと。

そして
何より
私が自分でつけるまつげエクステを
メイク感覚で使いこなせているんだから、

「私のように使いこなせる方が
必ずいるはず!」と思い

今このお仕事をして4年経ちましたが
おかげさまで
たくさんの方に受講して下さっています。

そして
見向きもされなかったり
何?言ってるの?的なことを言われたり
使えない~とか言われたりしても

3年間の実績の上で自信があったから
ブレブレになったりもしませんでした。

「初めの一歩」
意外とかんたんです。

もし?何かにチャレンジすることが
あったら
あれやこれや考えずに
まずは一歩踏み出してみてください。

1度きりの人生
せっかくだから
色んな事を経験して
豊かになりませんか?