根拠のない励ましはプレッシャーをかける。

【根拠のない励ましは
プレッシャーをかける】

先日
もうすぐ家をでる
息子のスーツ姿を
見せるために

お墓参りにいき

じいじとばあばに
会いに行きました。

じいじとばあばは
何人かいるのですが

やはり
どれだけ関わってきたかで
言葉の重みが
違うなと思う
出来事がありました。

川口のばあばは
息子と血はつながって
おりません。

しかし
小さいころから
よく遊んでくれて
わがままいっぱい
させてもらいました。

なので
挨拶に行って
息子が弱気なことを言うと
「そんなこと言わないの。
○○○○○・・・」
(なんて言っていたか
忘れました)
と言ってくれました。

その時
「さすが!ばあば!よくわかってる」と
と思いそのように言いました。

息子も笑顔でした。

・・・

・・・

その後
草加じいじ、ばあばに
会いに行きました。

小さい頃から
会ってはいたのですが

・・・

・・・・

遊んではくれていたのですが

・・・

もしかしたら?
ただ会っていただけなのかも
しれません。

・・・

・・・

じいじ、ばあばから

「いってらっしゃい。
たっちゃんならできるよ」

・・・

・・・

「たっちゃんはできる人だ。
できるね」

・・・

何度も言われるたびに

・・・

・・・

段々と
息子が固くなってくるのが
わかりました。

・・・

・・・

言葉をかけられれば
かけられるほど
プレッシャーに
なっていっていたんです。

・・・

・・・・

なんでだろう?と
思いました。
私も同じように
感じました。

・・・

・・・・

あぁそうか。

きっと
息子は
「自分の何を知って
言ってるの?
何をわかって言ってるの?
何もわかっていないのに
どうして言えるの?」
という気持ちに
なっていたのでは
ないのかな?と
思いました。

私も息子とは
きちんと向き合って
関わってきましたから
彼の生き様を知っています。
川口ばあばも
息子のことをよく知っています。

根拠があるから
言える
励ましの言葉。

「そんな柔な人に
育てた覚えはないよ」

とか

「あなたなら大丈夫。」と
言葉をかけたり
するのですが

息子にとって
勇気になる言葉として
伝わります。

根拠のない
励ましは
プレッシャーを
かけるということが
わかりました。

4月3日7日10日17日は
赤坂オフィスになります。

港区赤坂1-14-14ダイヤモンドビル赤坂5F
溜池山王駅9番出口徒歩3分

『自分でつけるまつげエクステ®
装着講座』は

完全返金保証つきです。
学ぶ価値がないと
思われましたら
途中で一声掛けて
ご退出ください。
受講費を全額お返し致します。

HPは http://www.bs-co.jp/

協会HPは http://self-eyelash.com/

ご質問等は info@bs-co.jp

かんたんご予約・スケジュール状況は
↓をクリックしてください。
http://www.reservestock.jp/reserve_form/1321